女性完全無料Mコミュ

Posted 9月 5th, 2016 by HKK

Webサイトを出会いの場として使っている人達に問いかけてみると、あらかた全員が、孤独になりたくないから、ごく短期間の関係さえ築ければそれでいいという捉え方でMコミュを活用しています。
簡単に言うと、キャバクラに行く料金をケチりたくて、風俗にかける料金もケチりたいから、お金の要らないMコミュで、「ゲットした」女性でお得に間に合わせよう、と思いついた中年男性が出会い系サイトを活用しているのです。
他方、「女子」陣営では異なった考え方を有しています。
「相手が熟年でもいいから、お金持ちで家事をしてくれる彼氏が欲しい。Mコミュに手を出している男性は8割9割はモテない人だから、平均くらいの女性でも手玉に取ることができるようになるわよ!思いがけず、タイプの人に出会えるかも、顔が悪い男は無理だけど、顔次第ではデートしたいな。女性の半数以上がこのように考えています。
理解しやすい言い方だと、女性は男性の外見かお金がターゲットですし、男性は「低コストな女性」を手に入れるために出会い系サイトを使っているのです。
双方とも、できるだけお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを願っているようなものです。
そのように、出会い系サイトを用いていくほどに、おじさんたちは女を「もの」として捉えるようになり、女もそんな己を「品物」としてみなしていくように変化してしまうのです。
出会い系サイトに馴染んだ人の感じ方というのは、女性を少しずつ人間から「物体」にしていくような危ない「考え方」なのです。
不特定多数が集まるサイトは、異なる請求などの悪質な手口を利用して利用者のお金を漁っています。
その仕方も、「サクラ」を動員したものであったり、はじめから利用規約が実態と異なるものであったりと、いろいろな方法で利用者を鴨っているのですが、警察が感知できていないケースが多い為、まだまだ明かされていないものが多数ある状態です。
その内、最も被害が強く、危険だと勘繰られているのが、児童との売春です。
文句なく児童買春は違反ですが、出会い系サイトの反主流的で非道な運営者は、暴力団と連絡して、知っていながらこの児童を使った方法で利用ユーザーから大金を取り上げています。
この場合に周旋される女子児童も、母親から売り渡された対象であったり縺れた事情のある人物であったりするのですが、暴力団は単に利益の為に、違和感なく児童を売り飛ばし、出会い系サイトと一緒に収入を捻り出しているのです。
上述の児童だけではなく暴力団とつながった美人局のようなサクラが使われているケースもあるのですがMコミュから結婚した人往々にして暴力団は、女性を売春対象にして使うような犯罪に手を出しています。
しかし大急ぎで警察が逮捕すべきなのですが煩わしい兼ね合いがあって今なお取り締まりの対象にならない状況なのです。

D(ナイトワーカー)「ブランド物のバッグとか、欲しいって言ったら簡単にくれますよね。わたしだって、数人別々に同じやつ贈ってもらって自分用とほかはオークションに出してるよ」
筆者「まさか!プレゼントなのに質に出すんですか?」
D(キャバ嬢をしている)「ってか、大事にもらっとくワケないです。紙袋に入れておいてもそんなにいらないし、流行遅れにならないうちに置いておいてもメーカーだってうれしいでしょ?」
国立大に通う十代Eショッキングでしょうが、Dさん同様、私も売っちゃいますね」
C(銀座サロン受付)ネットの出会いで何十人も使い方知りませんでした…私はまだまだプレゼントを売ったりとかはないです」
筆者「Cさんの話に移りましょうか。出逢い系サイトのなかにはどんな目的の男性を関わってきましたか?
C「高いものを送ってくれるような男性とは関わっていないですね。共通してるのは、普段女の人と関わってなさそうで出逢い系サイト 無料女の人と寝たいだけでした。わたしなんですが、出会い系サイトは怪しいイメージも強いですが、彼氏が欲しくてメールとかしてたので体だけ求められても困りますね」
筆者「出会い系サイト上でどんな異性と出逢いたいんですか?
C「夢を見るなって言えば、医療関係者とか弁護士の方とか国立大学にいるような将来性のある男性が目当てなんです。
E(現役国立大学生)わたしも、国立大で勉強していますが、出逢い系サイトにもまれに同じレベルの人間はそれなりにいます。ただ、大抵はパッとしないんですよ。」
出会い系サイトでは、コミュニケーションが苦手な男性を嫌悪感を感じる女性がどうやら多数いるということです。
サブカルチャーに広まっている言われている日本でも、まだ個人の好みとして受入れがたいもののようです。
筆者「では、それぞれ出会い系サイト利用を異性と交流するようになったのはなぜか、全員に聞きたいと思います。
メンバーを紹介すると、中卒で五年間巣篭もり生活をしているA、せどりで収入を得ようと考えているもののあがいているB、規模の大きくない芸能事務所で指導を受けながら、アクション俳優志望のC、出会い系サイトのスペシャリストをと自信満々の、街頭でティッシュを配るD、加えて、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
5人とも二十代の前半です。
A(自宅警備員)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですが、ネットにつながっていたら、いい感じの子を見つけたら女の子の方から連絡をくれたんですよ。その次に、あるサイトのアカウントをゲットしたら、携帯のメアド交換しようって言われて、ID取ったんです。その子とはメッセージも来なくなっちゃったんです。けど、他の女性とは何人かいたので。」
B(転売に挑戦中)「ID登録してスグは、僕もメールからでしたね。モデル並みにきれいで一目ぼれしました。会いたいから出会い系サイトに登録して。そのサイトの場合、ツリに引っかかる人も多くて、そこまで問題なくて前と変わらずに利用しています。
C(プロダクションで訓練中)「私に関してですが、いろんな役になりきれるよう利用を決意しました。出会い系サイト利用に様々な女性に会う役になってそれから自分も利用するようになりました」
D(ティッシュ配りのバイト)「僕に関しては、先に利用している友人がいて、影響されながら自分もやってみたってところです」
加えて、トリを飾るのがEさん。
この人は、オカマですので、正直言って全然違うんですよね。

本日インタビューできたのは、ズバリ、いつもはステマのアルバイトをしていない五人の学生!
出席したのは、メンズキャバクラでキャストとして働くAさん、現役大学生のBさん、売れないアーティストのCさん、音楽プロダクションに所属していたDさん、お笑いタレントを目指すEさんの五人です。
筆者「まず先にmコミュ ガラケ辞めたキッカケから教えていただきましょう。Aさんからお話しください」
A(元メンズキャバクラ勤務)「オレは、女性心理が理解できると思い試しに始めました」
B(就活中の大学生)「オレは、稼げれば何でもやると考えて始めましたね」
C(音楽家)「小生は、ロックミュージシャンをやってるんですけど、もうベテランなのに一切稼げないんですよ。トップスターになる為には目立たない所からこつこつ陰の努力しなきゃいけないんで、こうしたバイトもやって、しばらくはアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(有名芸能事務所所属)「俺は、○○ってタレントプロダクションで作家を目指してがんばってるんですが、一回の舞台で500円しか入らないんで…先輩に紹介していただいたサクラのバイトをやろうと考えました」
E(中堅芸人)「お察しの通り、おいらもDさんと近い感じで、コントやって一回僅か数百円の侘しい生活してるんです。先輩が教えてくださって、サクラの仕事をすることになりました」
大したことではないが、五名のうち三名ものメンバーがタレント事務所に未所属という至って普通のメンバーでした…、それでも話を聞かなくてもわかるように、五人にはサクラによくある仰天エピソードは無さそうでした…。
前回の記事を読んだと思いますが、「Mコミュサイトで結構盛り上がったので、会うとその相手が犯罪者だった」という体験をされた女性の話をしましたが、女性がその後どうしたかと言えば、その男性との関係が進展して行く事になったのです。
そうなったのは、「男性の見た目が厳つくて、断れない感じがして一緒に行くことになった」と言いましたが、話を聞き進んでいくと、魅力的な所もたくさんあったので一緒に行ってみようと考えたようでした。
彼が犯した罪に関しては、短刀と呼べるようなサイズの刃物で刺した相手も親だったという話だったので、もしもの事を考えると危険だと思っても仕方が無いでしょうが、そういった考えとは違い穏やかで、女性に対しては優しいところもあったので、本当は普通の人だと思って、交際しても良いだろうと思ったようです。
彼女も最初は良かったようですが、気が付くと不審な行動をしているときがあったので、何も話し合いをせずに出て行き、もう戻らないことにしたという終わりになったのです。
同じ部屋で過ごすということが既に怖くなるようになって、それまでの二人での生活を捨てて、少しでも早く離れようと出てきたという話をしていましたが、見た目や雰囲気の怖さがあったという部分も確かにあったようですが、ちょっとした言い合いにでもなると、すぐに力に任せるなど、暴行だって気にしていないような素振りをわざと見せてくるので、求めに応じてお金まで出し、別の事に関しても色々として、そういった状況での生活を続けていたのです。

以前ここに載せた記事の中で、「LINEアプリで良い感じだと思ったので、実際に会ったところ犯罪者だった」となる女性に関するお話を紹介しましたが、実はその女性は驚くことに、男性と終わりにならずに付き合う展開になったのです。
そうなったのは、「服装が既にやばそうで、断れない感じがしてどうすればいいか分からなかった」との話でしたが、さらに色々な話を聞いたところ、普通の人にはない部分を感じてそのまま一緒にいった所もあったようです。
男性の前科がどういったものかというと、小型のナイフではなく大きめのナイフでまさに自分の親を刺したものだったので、危険に思うのもおかしな事ではないと内心考える事もあると思いますが、それほど変わったところもないようで、結構親切にしてくれるところも多く、緊張しなくても問題ないと思い、本格的な交際になっていったということです。
彼女も最初は良かったようですが、気が付くと不審な行動をしているときがあったので、分からないようにそっと家を出て、男性とは別の道を進む事にしたと言うことでした。
他に誰もいないと思うだけでも怖くなるようになって、二人で一緒に暮らしていた場所から、問題が起こる前に逃げようと出てきたという話をしていましたがLINEでセフレを求める女性どうも単に怖いと感じる気持ちがあったという部分が一番の問題ではなく、少しでも納得できない事があると、すぐに力に任せるなど、乱暴をしようとする感じの動きをする場合があるから、要求されればお金もだすようになり、頼まれれば他の事もやってあげて、その状態を受け入れてしまっていたのです。

逆援リスク逆援助交際スポンサー

Posted 8月 8th, 2016 by HKK

質問者「もしや、芸能の世界で売れていない人って逆援 セフレサクラを収入としている人が多いものなのでしょうか?」
E(業界人)「そうだと思います。サクラの役って、シフト比較的融通が利くし、私たちのような、急にお呼びがかかるような職業の人種にはばっちりなんですよ。予測できない空き時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「経験の一つになるよね、女性としてやりとりをするのは骨が折れるけど僕らは男目線だから、自分がうれしい言葉を向こうに話せばいいわけだし、男の心理はお見通しだから、相手もころっとのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「反対に、女の子でサクラをやっている人は男性の心理がわかってないからはっきり言うと下手っすよね」
筆者「女性のサクラよりも、男性のサクラの方が比較して成績が上なのですか?」
D(芸能に事務所所属の一人)「はい。より良い成績を残しているのは大体男性です。しかしながら、僕なんかは女の役を作るのが上手じゃないので、いつも叱られてます…」
E(とある芸人)「言うまでもなく、正直じゃない者が成功する世の中ですからね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…俺なんかも苦労してます」
筆者「女性の役をやり続けるのも、色々と大変なんですね…」
女の人格のどのようにして演じ切るかのトークで盛り上がる彼ら。
その中で、ある言葉をきっかけとして、自らアーティストと名乗るCさんに注意が集まったのです。

ライター「もしかして女とやれるアプリ芸能界に入るにあたって下積み中の人って、サクラでの収入に頼っている人が少なくないのでしょうか?」
E(某芸人)「そうじゃないでしょうか。サクラで収入を得るのって、シフト融通が利くし、俺みたいな、急にショーの予定が入ったりするような仕事の人種には必要な仕事なんですよ。不規則な空時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(現アーティスト)「貴重な経験になるよね、女性として接するのは全く易しいことじゃないけど自分たちは男性だから、自分がうれしい言葉を相手に送ればいい訳だし、男性の気持ちをわかっているから、男性もやすやすと食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ働き)「反対に、女でサクラの人はユーザーの心理がわかってないから正直下手っすよね」
筆者「女性のサクラ以上に、男性のサクラが成績が上なのですか?」
D(芸能に事務所所属の一人)「えぇ、そうです。秀でた結果を残しているのは大体男性です。といっても、僕みたいなのは女性キャラクターを演じるのが上手くないので、いつも叱られてます…」
E(ある芸人)「言うまでもなく、正直者が馬鹿をみる世ですからね…。女の子になりきるのが大変で…俺も苦戦しているんです」
ライター「女性になりきって演じるのも、色々と苦労するんですね…」
女性の人格のどう演じるかのトークで盛り上がる彼ら。
そんな話の中で、あるコメントをきっかけに、アーティストと自称するCさんに関心が集まったのです。
前回の記事を読んだと思いますが、「きっかけはやれるアプリでしたが、会うとその相手が犯罪者だった」という女性がいた話を出しましたが、女性も驚きはしたものの、その男性と終わるどころか付き合う事になったのです。
なぜかというと、「男性がやくざにしか見えず、断る事も恐ろしくなりそのまま一緒に行動していた」ということですが、より詳細に話を聞いていたら、彼女のタイプと近いこともありそのまま関係を続けようと思ったようです。
犯した彼の犯罪の内容というのも、小型のナイフではなく大きめのナイフで刺した相手は自分の親という事件ですから、単なる事故などとは違うと心の中では考える場合があるでしょうが、おしゃべりをした感じはそうではなく、愛想なども良かったものですから、緊張しなくても問題ないと思い、恋人関係に発展していったのです。
その女性はそのまま付き合い続けたかというと、その相手が信用しづらい変な行動をするので、怪しまれないように黙って家を出て、男性とは別の道を進む事にしたとその女性は決めたそうです。
何か特別な言動がなくても圧迫感を感じてしまい、同居しながら生活していたのに、本当に逃げるような状態で着の身着のままで出てきたとのことでしたが、どうも何も無いがただ怖かっただけでは済まなかったようで、意見が合わないとなると、力で納得させようとするし、凄い暴行をするような動きをする場合があるから、お金が必要になると渡してしまい、お願いされると聞くしかなくなり、平穏に暮らそうとしていたのです。

昨日聞き取りしたのは、実は、以前からサクラの正社員をしていない五人のおじさん!
出揃ったのは、メンズキャバクラで働いていたAさん、普通の大学生Bさん、売れないアーティストのCさん、タレントプロダクションに所属してるというDさん、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「まず先に、取りかかるキッカケから質問していきましょう。Aさん以外の方からお願いします」
A(元昼キャバ勤務)「俺は、女性心理が分からなくて辞めました」
B(大学2回生)「おいらはエロイプしたい収入が得られれば何でもいいと思えず始められませんでしたね」
C(歌手)「わしは、歌手をやってるんですけど、まだ素人同然なんで丸っきり稼げないんですよ。スターになる為には身近な所からこつこつ下積みするのは不本意ですが、こういう経験をして、差し詰めアンダーグラウンドな経験値を溜めようと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「俺は、○○って芸能プロダクションでクリエーターを目指してがんばってるんですが、一回のコンサートで500円ぽっちしか入らないんで…先輩に紹介していただいたサクラのバイトをやっています」
E(コント芸人)「現実には、自分もDさんと近い感じで、コントやって一回僅か数百円の貧しい生活してるんです。先輩に教えて貰って、ステマのアルバイトをするに至りました」
意外にも、五人のうち三人がタレント事務所に未所属という普通のメンバーでした…、やはり話を聞いてみたら、彼らにはサクラによくある心労があるようでした…。

たいていの警戒心があればそんな男を信用していく筈がないのにと思うところなのですが言ってみれば馬鹿正直で疑うことを知らない乙女心の彼女たちは危険な相手だと気付いてもその人をおいかけてしまいます。
少なくない何人もの女性が暴力事件に遭遇したり惨殺されたりしているのにでありながらこういったニュースから教訓を得ない女たちは不穏な予感を受け流して相手に命じられるがまま逆らえないようになってしまうのです。
ここまでの彼女のされた「被害」は誰が見ても犯罪被害ですし、どう考えても法的に罰をあたえることができる「事件」です。
けれども神待ち掲示板に入会する女性は、ともあれ危機感がないようで、人並みであればすぐに当然である機関に訴えるようなとも、適当にやり過ごしてしまうのです。
最終的に、加害者はこんな悪いことをしても暴露されないんだわからないからどんどんやろう」と、横柄になって神待ち掲示板を利用し続け、辛い目にあう人を増やし続けるのです。
「黙って許す」となれば親切な響きがあるかもしれませんが、そのアクションこそが、犯罪者を増大させているということをまず直視しなければなりません。
被害を受けた場合には直ちに、警察でも有料ではない相談できる所でもどうなるかに関係なくとにかく相談してみるべきなのです。
この前こちらに掲載した記事で、「神待ち掲示板で結構盛り上がったので、会うとその相手が犯罪者だった」という経験をした女性がいましたが、その後この女性はなんと、その男性とは本気で付き合う関係になってしまいました。
そうなったのは、「何かありそうな男性で、断る事も恐ろしくなりどうすればいいか分からなかった」との話でしたが、本当はそれだけの理由ではなく、その女性も少しは魅力を感じていてついて行くことを選んだようなのです。
どのような犯罪を彼が犯していたかというと、小型のナイフではなく大きめのナイフで自分の親を傷つけたという出来事だったそうで、不可抗力などではなかったと思う気持ちが強くなるかも知れませんが、おしゃべりをした感じはそうではなく、女性などへの接し方は問題もなく、悪い事はもうしないだろうと思って、本格的な交際になっていったということです。
その男性と付き合いが続いたかというと、どこか不審に思える動きも見せていたので、別れ話などせずに出て行き、結局は別れることにしたとその彼女は話してくれたのです。
何か特別な言動がなくても常にナーバスになっていたので、それまでの二人での生活を捨てて、問題が起こる前に逃げようと出来るだけ急いで出ていったということですが、どうも何も無いがただ怖かったというだけの話では済まず、落ち着いて話し合う事も出来ず、力の違いを利用するようになり、凄い暴行をするような雰囲気をありありと出すので、結果的にお金もすぐに渡すようになり、お願いされると聞くしかなくなり、しばらくは生活をしていったのです。
Webサイトを出会いの場として利用する人々にお話を伺うと、大方全員が、孤独に耐え切れず、短い間でも関係を持つことができればそれで構わないと言う考え方で神待ち掲示板にはまっていってます。
つまるところ、キャバクラに行くお金を使うのがイヤで、風俗にかける料金もケチりたいから、お金が必要ない神待ち掲示板で、「乗ってきた」女性で安上がりで済ませよう、とする男性が神待ち掲示板を使っているのです。
その傍ら、女の子側は全然違う考え方を抱いています。
「相手が熟年でもいいから、何でもしてくれる人を彼氏にしたい。神待ち掲示板のほとんどの男性は8割9割はモテない人だから、美人じゃない女性でも思いのままにできるようになるわよ!ひょっとしたら、タイプの人がいるかも、バーコード頭とかは無理だけど、タイプだったら会いたいな。女性の8割以上はこのように考えています。
つまり、女性は男性の外見かお金がターゲットですし、男性は「手頃な値段の女性」をゲットするために神待ち掲示板を働かせているのです。
双方とも、なるべく安価にお買い物がしたくて出会いを追いかけているようなものです。
そんなこんなで、神待ち掲示板を適用させていくほどに、おじさんたちは女を「品物」として見るようになり、女性も自身のことを、「品物」としてみなしていくように考え方が歪になっていくのです。
神待ち掲示板の使用者のスタンスというのは、女性を確実に精神をもたない「物」にしていくような異常な「考え方」なのです。
恋人を見つけるサイトには、法律に引っかからないようにしながら、きっちりと経営しているネットサイトもありますが、悲しいことに、そういったちゃんとしたサイトはごく一部です。
その1部を除サイトは、見た瞬間詐欺だと分かる行為を当たり前のようにやっており、中年男性を騙しては搾取し、騙しては搾取しを何度もやっています。
当たり前ですがこんなことが法的に問題ないはずがないのですが神待ち掲示板神待ち掲示板を経営している人は法から逃れるのが上手いので、IPを事あるごとに変えたり、事業登録しているビルを何回も移しながら、警察家宅捜査される前に、秘密基地を撤去しているのです。
このような逃げなれている詐欺師が多いので、警察が違反サイトを見つけられずにいます。
ぱっぱとなくなってしまうのが世のためなのですが、オンラインお見合いサイトは日に日に増えていますし、見たところ、中々全ての怪しいサイトを消すというのは一筋縄にはいかないようなのです。
法に触れる神待ち掲示板がいつまでも人々を騙しているのを目をつむっているのは腹がたちますが、警察の悪質サイトの警戒は、一歩ずつ、間違いなくその被害者を救い出しています。
容易なことではありませんが、現実とは離れた世界から違法サイトを片付けるには、そういう警察の活動をあてにするしかないのです。

「不倫サイトの方からたびたびメールが貯まるようになってしまった…一体どういうこと!?」と、あわてた経験のある方も少なくないでしょう。
筆者にも覚えがあり、そういったパターンでは、アカウントを取った不倫サイトが、「無意識に」数か所にまたがっている可能性があります。
このように考えるのは、不倫サイトの大部分は、システムで自動的に、他のサイトに入力された情報を丸ごと別のサイトにも登録させるからです。
明らかに、これは利用している人のニーズではなく、全く知らないうちに流出するケースがほとんどなので、利用者も、戸惑ったまま何サイトかの不倫サイトからダイレクトメールが
付け加えると、このようなケースの場合、退会すれば問題なくなると退会手続きをする人が多いのですが、退会したところで、無意味です。
ついに、退会もできないまま、他の業者にアドレスが流れ放題です。
拒否リストに設定してもそれほど効果的ではなく、まだフィルターにかからない大量のアドレスからメールを送ってくるだけなのです。
一日で受信箱が満タンになるほど多すぎる場合はただちに使っているメールアドレスを変更するしかないのでネットの使い方には注意しましょう。
筆者「早速ですが、あなたたちが不倫サイトで決めたとっかかりを順々に話してください。
メンバーを紹介すると、高校を中退したのち、五年間自宅にこもってきたA、「せどり」で十分な収入を得ようと苦労しているB、小規模の芸能プロダクションでレッスンを続けながら、アクション俳優志望のC、不倫サイトをやり尽くしたと語る、ティッシュ配りのD、また、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
誰もが二十代はじめです。
A(自称自宅警備員)「俺は引きこもってるんですけど、ネットにつながっていたら、めっちゃ可愛い子を見つけて向こうからアプローチくれたんですよ。そこであるサイトのアカウントをゲットしたら、携帯のメール送っていいって言われてIDゲットしました。それっきりその子からメールの返信がなかったんです。言うても、他にも可愛い人やり取りしたので」
B(転売に挑戦中)「始めはやっぱり、自分もメールしたくて。女優みたいなルックスの人いて、一目ぼれでしたね。直で話したいからサイトに登録して。そのサイトの場合、サクラが多いってひょうばんだったんですが、ちゃんと女性もいたので、特に問題もなく利用しています。
C(俳優志望)「自分なんかは、いろんな役になりきれるよう使い始めました。不倫サイト利用にさんざん悪用する役をもらって、それで自分でもハマりました」
D(ティッシュ配りのバイト)「僕のきっかけは、先に利用していた友人に感化されて始めたって言う感じです」
加えて、5人目となるEさん。
この人については、ニューハーフなので、率直に言って他の人とは蚊帳の外でしたね。
昨日聞き取りしたのは、言わば、現役でゲリラマーケティングの正社員をしていない五人の男子!
集結したのは、メンズキャバクラで働いているAさん、普通の大学生Bさん、売れっ子アーティストのCさん、有名芸能事務所に所属しているはずのDさん、芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「では最初に不倫 アシュレイマディソン始めた原因から教えていただくことにしましょう。Aさんから順にお話しください」
A(メンキャバキャスト)「小生は、女心が知りたくて始めたいと思いました」
B(1浪した大学生)「うちは、ガッツリ儲けなくてもいいと思いながら始めましたね」
C(シンガーソングライター)「俺様は、シャンソン歌手をやってるんですけど、もう駆け出しじゃないのに丸っきり稼げないんですよ。トップスターになる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みするのが大事なんで、、地味なバイトをやって、差し詰めアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(某芸能プロダクション所属)「オレは、○○って芸能事務所に入ってダンサーを養成すべく励んでいるんですが、一回の舞台でわずか500円しか貰えないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトをやっています」
E(中堅芸人)「お察しの通り、私もDさんと似た状況で、コントやって一回多くて数百円のけして楽じゃない生活してるんです。先輩に紹介していただき、ゲリラマーケティングのアルバイトを始めました」
よりによって、五人のうち三人が芸能事務所に未所属という素敵なメンバーでした…、ただ話を聞いて確認してみたところ、五人にはステマ特有のおもしろエピソードは無さそうでした…。
質問者「もしかして、芸能人を目指している中で有名でない人って、サクラでの収入に頼っている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(某芸人)「そうじゃないでしょうか。サクラの仕事って、シフト融通が利くし、私たしみたいな、急にオファーがきたりするようなタイプの人には丁度いいんですよ。不規則な空時間にできるし、経験の一つになるし…」
C(アーティストの一人)「一つの経験になるよね、女性として接するのは骨が折れるけど俺らは男目線だから、自分の立場でうれしい言葉を相手に伝えればいい訳だし、男の心理はお見通しだから、相手もたやすく食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ働き手)「かえって、女の子のサクラは男性の心がわかってないから正直下手っすよね」
ライター「女の子のサクラより、男のサクラがよりよい成績を納めるのですか?」
D(とある芸能関係者)「そうです。秀でた結果を残しているのは大体男性です。だがしかし、僕は女の役を演じるのが上手くないので、いっつも叱られてます…」
E(芸人さん)「基本、不正直ものがのし上がる世ですね…。女になりきるのが大変で…俺も骨を折っているんです」
筆者「女の子のキャラクターを成りきり続けるのも、思った以上に大変なんですね…」
女性の人格のやり方についての話に花が咲く彼女ら。
そんな会話の中で、あるコメントをきっかけに、自らアーティストと名乗るCさんに視線が集まったのです。

前回紹介した話の中では、「きっかけはせふれサイトでしたが、会うとその相手が犯罪者だった」という経験をした女性がいましたが、女性も驚きはしたものの、男性と終わりにならずに付き合う展開になったのです。
女性の気持ちは、「雰囲気がやくざっぽくて、さすがに怖くなって他の選択肢がなかった」と言ってはいますが、より詳細に話を聞いていたら、彼女のタイプと近いこともありついて行くことにした気持ちもあったのです。
その彼がどういった罪だったかというと、三十センチほどの長さの刃物で本当の親を刺している訳ですから、もしもの事を考えると危険だと心の中では考える場合があるでしょうが、実際に話すと温厚そうな人で、子供などにはむしろ優しいぐらいだったので、本当は普通の人だと思って、普通に付き合うようになっていったとのことです。
その後の関係がどうなったかというと、どうしても男性の行動がおかしい時があったので、相談するようなことも無く家を出て、付き合いをそのまま終わりにしたと話していました。
何か特別な言動がなくても圧迫感を感じてしまい、同居しながら生活していたのに、話し合いなどしないまま急いで出てきたと言っていましたが、恐怖を感じるような雰囲気があっただけでは済まなかったようで、少しでも納得できない事があると、かまわず手をだすなど、凄まじい暴力を振るう感じの仕草を何かと見せるから、女性はお金も渡すようになり、他にも色々な頼み事を聞いて、その状態を受け入れてしまっていたのです。
筆者「第一に、参加者がせふれサイトを利用して女性を探すようになったきっかけを順々に話してください。
招待したのは、高校中退後、5年間引きこもっているA、転売で儲けようとまだ上手くはいっていないB、規模の大きくない芸能事務所でレクチャーを受けてアクションの俳優になりたいC、せふれサイトのすべてを知り尽くしたと自信たっぷりの、パートのD、あと、新宿二丁目で水商売をしているE。
AさんからEさんまで二十代の前半です。
A(自宅警備員)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですが、ネットをしていたらすごくルックスのいい子がいて、向こうからアプローチ来て、その後、このサイトのアカウントとったら、携帯のアドあげるって言われたんで、IDゲットしました。そしたらその子からメールの返信がなかったんです。それでも、他の女性とは何人かいたので。」
B(せどりに)「始めはやっぱりセふれ 募集自分もメールを送ってました。見た目がすごい良くて一目ぼれでしたね。直で話したいからサイトに登録して。そのサイトってのが、サクラの多いところだったんですが、女性会員ともやり取りできたので、飽きたりせずに利用しています。
C(俳優になる訓練中)「私に関してですが、演技の幅を広げようと思って始めましたね。せふれサイト利用に様々な女性に会う役になってそれから自分も利用するようになりました」
D(ティッシュ配りのバイト)「僕の体験ですが、先にアカ作ってた友達のお前もやってみろって言われているうちにいつの間にか
最後に、5人目のEさん。
この人についてですが、他の方と大分違っているので、正直なところ一人だけ全然違うんですよね。
大人のサイトというのは誰かが見回りをしている、そんな内容を拝読したことがある人も、一定数いるかと思われます。
元々、せふれサイトだけの話ではなく、不特定多数の人が利用するサイトでは、誰を殺害する要請、裏ビジネスのやり取り、18歳未満を利用した金銭の荒稼ぎ、そんな内容がネット掲示板では、裏でこっそりと行われていたりするのです。
こんな非常識な行動が罰を受けないことなど、あまりに不公平ですし、ましてこれらの残虐行為は逃げ得を許してはいけないのです。
一見すると特定は難しそうですが、証拠を掴むことができ、一刻も早く調査をして、正式な権限を受けたのであればお縄にかけることができるのです。
「警察と言えども知られたくない」と身震いしてしまう人もごく一部いるようですが、そもそもIPアドレスによる情報は、絶対に侵食しないようにし、捜査権限の範囲で注意を払いながら悪人を探し出しているのです。
市民の多くは、今後の未来が不安、日本は怖い国になってしまった、二度と古き良き時代には戻れないとと悲観する人も少なくないようですが、懸命な警察の努力で治安は回復傾向にあり、18歳未満の犯罪被害も相当減り続けているのです。
せふれサイトの犯罪を無くすために、1年中いかなる場合も、せふれサイトを見て回る人が警視されているわけです。
当然ながら、さらなる犯罪者の特定が激化されるでしょうし、ネット内の治安を乱す行為は少なくなるであろうと見込まれているのです。